不動産業界のバックオフィス業務

不動産業界のバックオフィス業務

金融系が就職先として人気になって来た今、同じような感覚で、不動産業界ではたらきたいと思う人もいるでしょう。

不動産で働く、というと、やっぱり営業的なイメージが強いのではないでしょうか。しかし、実際にはそういった渉外業務だけではありません。不動産にまつわる仕事というのは、実際に知られている以上に地味だったり、オフィスワークだったりするものが、たくさんあるのです。賃貸の契約をするには、契約書をつくらなければなりません。賃料の入金管理などについても、きちんと帳簿をつけることが大切です。こういった、いわゆるバックオフィス的な仕事もたくさんあります。そういった意味で、営業系ではない人にとっても、不動産業界は魅力的だともいえるでしょう。

 

不動産屋の敷金・礼金ゼロには気をつけて

新生活に向けて色々準備する物の中に部屋探しをする人も多いかと思います。
今回は初めての不動産屋選びで注意するべきことをお教えします。
まず、不動産屋を選ぶ際、敷金・礼金ゼロという言葉を良く耳にするかと思いますが、コレには注意してください。


礼金というのは、謝礼金として家賃以外に家主に支払う一時金の事で、敷金とは、何かあったときの為に家主に預けておくお金の事をいいます。退去時の清掃や家賃未払いの時などは敷金から支払われます。

礼金は返却は不可能ですが、敷金は返金してもらう事が可能です。

敷金・礼金ゼロの不動産物件は、聞くだけだとお得な感じがしますが、最近はこの手のトラブルが増えています。

礼金0は大家にリスクはありませんが、敷金0の場合、家賃取立不可能であったり、清掃代が自腹という危険性があります。

なので、敷金0の物件は入居者を集める為の策で、その分家賃が上乗せされている場合が多いです。

修繕費という名目で入居時お金がかかる場合もあるので、敷金・礼金ゼロ物件の入居を検討している場合は、相場より家賃が高くないかなど色々調べてから契約してください。

不動産屋を選ぶ際も色々注意が必要です。
既に入居者が決まっている物件を紹介して、消費者とつながりを持とうとする会社や、急いで契約をさせようとする不動産会社もあります。
そういった場合は、毅然な対応でなし崩しで契約しないようにしましょう。


部屋を借りる為不動産屋にいくときは、ある程度の事前知識を持ってから行くようにしたら、良いかと思います。

不動産投資は必ず必要
不動産投資の初心者でも安心の
不動産投資相談センター
不労所得を目標に、資産1億円を目指します。

Calendar